人気ブログランキング |

あした天気になぁ~れ  こころのスケッチ   

ごつごつの手花種蒔く減反地

「まつやま俳句ポスト365」またまた「並」選でした (笑)

兼題の「花種蒔く」と聞いて

すぐさま 広大に実った稲田の一角に異彩を放つコスモス畑を思い出しました

国の減反政策のあおりで やむなく田んぼが荒れないようにとコスモスとかひまわり

を植えるのだと聞きました


先祖代々の田んぼをまもり米を作り続けてきた手 その手で田んぼにコスモスの種を

蒔かなければならない稲作農家のやるせなさのようなものを「ごつごつの手」という

ことばで表現したつもりでしたが どうやら詠み手の独りよがりのようでした
(とほほ でもやっぱりうれしいな)    

 
a0121709_00504578.jpg
 



by hisaonohi | 2015-04-14 00:51 | まつやま俳句ポスト | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 花冷えや花摘む小鳥きょときょとと 春というもの >>